中国では、自動車の普及による渋滞や環境の問題が顕在化している一方、自転車シェアリングのシステムが各地で普及し、注目を浴びている。中国環境ニュースの発表によれば、2015年3月の時点で、北京、上海、広州などの大都市はもちろんのこと、実に215もの都市でこのシステムが稼働している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。