大阪都構想、政務活動費の使い道……。地方自治はたびたび注目されてきたが、小池百合子知事の就任により、日本最大の自治体・東京都にもついにスポットライトが当たるようになった。とりわけ豊洲市場をめぐる問題には、盛り土に続く“爆弾”が眠る。都議会を支配する“ドン”が築き上げた権力構造と共に解説しよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。