「鷲津さん、ご無沙汰しています」磐前県下最大の避難所である磐城市のスポーツセンターで、鷲津が記者やリポーターからの囲み取材を受けていると、一人の男が親しげに近づいてきた。「暁光新聞の北村です」「これは、驚いた。ニューヨークではなかったんですか」「あそこは経済音痴には無縁の街ですからね。早々にお払い箱ですよ。それで一昨年から磐前県の花岡町にある通信局にいます」ニューヨークで会った時は、ストレス満載でいかにも不健康な印象だったのに、目の前の男は、その頃より若返って見える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。