5月以降、3週間の店舗研修を受け、加盟店や社員との対話も重ねました。そこで見えてきたのは、コンビニが成長する可能性はまだまだあるということです。1万8000店の販売力は凄まじく、食品はもちろんですが、プラスアルファで、どんな商品でも売ることができます。ただ、課題も見えてきたのでそれを検証し、優先順位をつけ、2020年までにやるべきことの計画を、来年中盤までに作り上げたいです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。