国慶節を控えた9月中旬から下旬にかけて、中国で最低の成長を記録した遼寧省(2016年上半期、前年同期比▲1.0%)と山西省(同+3.4%)を訪問した。両地域は北方に位置し、遼寧省は外資企業の進出も早く、発展が比較的早かった沿海北部の地域。一方、山西省は歴史的には「魏」などの首都が置かれたが、現在は発展が遅れた内陸北部の地域だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。