これからの1年は銀行淘汰の正念場になる。本誌が独自に入手した金融庁の内部資料(写真)は、それを明示している。銀行の監督官庁である金融庁の森信親長官は、「真の顧客目線」と「生き残り可能なビジネスモデル」という二つの視点から地方銀行を本格的に選別する。金融庁が発足以来続ける地銀との“聖戦”は、ついに最期の時を迎えようとしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。