ゆとりある老後生活には1億円が必要──。退職金額は減少が続き、公的年金も減額が避けられそうにない時代にあって、人生設計の話になると、そんな驚きの数字を耳にすることがある。会社員の生涯賃金がせいぜい2.5億円といわれる中、そんな大金を工面するのは容易ではない。日本人の老後は今、漠とした不安に満ち満ちている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。