「2500万円くらいかな」。数年前に国土交通省を退職した元課長補佐(準キャリア)は、自らの退職金額を明かした上でこう続けた。「世間が思ってるほど高くないし、今は私が退職したころよりもさらに下がってる。年金が一元化されたこともあって、今後は公務員の老後も安泰じゃないね」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。