周知の通り、少子高齢化の進展で、1990年代末から労働力人口の減少が続いている。一方、あまり認識されていないが、企業の生産設備を示す純資本ストックも2008年度から減少が始まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。