今年はフランスの国民的歌手であるエディット・ピアフが生まれてからちょうど100年。『愛の讃歌』ではいまだ謎多きピアフの生涯を加藤登紀子が語る。1963年、加藤が19歳のときにピアフは47歳という若さで亡くなった。加藤は繰り返し報道されるピアフの葬儀、何度も流れる「愛の讃歌」に刺激された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。