曾呂利新左衛門の逸話をご存じだろうか? 豊臣秀吉からご褒美に何が欲しいと聞かれた新左衛門は、1日目は米1粒、2日目は2粒と毎日倍にしてもらい100日間米粒が欲しいと希望した。大したことはないだろうと承知した秀吉は、それが膨大な量になることに後から気付き、新左衛門の知恵に感服したという。101日目の米粒の数は2の100乗で1の後に「0」が30個は続く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。