髙樹のぶ子著『オライオン飛行』は、1936年に九州で墜落し、重傷を負って九州帝国大学附属病院に入院したフランス人飛行士アンドレ・ジャピーという実在の人物に、創作上の人物を何人か絡ませて編まれた感動的な作品だ。所々に髙樹氏が登場し、作品を鳥瞰したコメントを差し挟むところが面白い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。