米ヴァージニア大学を創設した米国の第3代大統領トーマス・ジェファソンは、「独立宣言」の起草者である。さらに、政治に限らず、米国の建築史においても後世に名を伝え残す存在である。現存するジェファソンの邸宅モンティセロは、彼が自ら設計に携わって建てたものだ。大学ではグラフィックデザインを専攻したジェファソンが、内装や家具づくりにまで関わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。