「人工透析の技術について、教えてほしい」。5月25日の午後2時、中国・大連市の訪問団が徳田虎雄理事長を訪れた。徳洲会が2006年にブルガリアに1016床の病院を建設して以降、病院建設などを望み、アフリカやアジア諸国から要人の訪問が絶えない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。