日本人4人目のノーベル生理学・医学賞を東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏が受賞した。細胞内の不要なタンパク質を分解してリサイクルする「オートファジー」のメカニズムの解明が受賞理由だ。3日夜、大隅氏が本誌のインタビューに応じ、受賞の喜びを語るとともに、日本の基礎研究軽視の風潮に警鐘を鳴らした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。