赤字が続き、閉鎖を余儀なくされる病院が相次いでいる。病院を優遇する制度に甘え、医療界に経営意識が根付いてこなかったためだ。そんな中でも、驚異的な利益率で成長を続ける病院群がある。日本最大の病院集団、徳洲会グループだ。これまで明らかにされてこなかった同グループの経営実態と課題をレポートする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。