「地球は青かった」。人類初の宇宙飛行士、ユーリイ・ガガーリンが残したとされるこの言葉は、この星の特徴を見事に言い表している。宇宙から見た地球が青いのは、表面の7割を覆う海水が、太陽光に多く含まれる青系統の光を吸収しにくいからである。つまり、この星は水惑星であるからこそ青いのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。