日本の会社員の昼食といえば、社員食堂で食べる人、弁当持参の人、コンビニエンスストアの弁当で済ませる人、同僚と外食する人などさまざまだろう。中国でもその辺りの事情はあまり変わらないが、昨年ごろからインターネットを通じて注文するデリバリーサービス(O2Oデリバリーサービス、以下O2O)の利用が急速に目立つようになってきている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。