ドイツが2011年にインダストリー4.0を提唱した後も、日本政府と産業界の反応は他国に比べて遅かった。こうした中、ドイツと米国はIoTの国際標準を打ち立てるための作業を着々と進めている。日本ではほとんど報じられなかったが、今年3月2日、欧州の産業界が極めて注目したニュースが流れた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。