醤油。それは日本人にとって、水や空気と同じくらい、当たり前のもの。食卓やキッチンには、常に置かれている。それだけに、消費者は同じ商品を使い続ける傾向が強いし、メーカーも定番商品を売り続けている。メーカー間の味の差はわずかで、同質化も進んでいた。その結果、起こったのが価格下落だ。スーパーの特売日などでは、醤油は目玉商品となり、大きく値引きされる。時にはメーカーが納入した価格よりも安く売られることもあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。