節税手法には、その時代のはやりがある。しかし、そのはやりに敏感に反応するのも国税だ。これまで「不動産の損益通算」や「ゴルフ会員権のクロス取引」などの手法が目を付けられ、国税によってことごとくつぶされてきた。そして今、目を付けられているのがタワーマンションを利用した、いわゆる「タワマン節税」だ。相続税を圧縮したい富裕層に熱狂的に支持されてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。