プロ野球界では、若い選手が「いい人がいるのなら、早く家庭を持った方がいいぞ」と周囲に言われることがある。結婚することで普段の生活が落ち着き、子供が生まれることで自然と「家族のために頑張らなければ」という気持ちが生まれる。そういった気持ちの変化が取り組みにも表れ、伸び悩んでいた選手が活躍するという例もあるからだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。