2010年に経営破綻した日本航空(JAL)は、経営が苦しく資金に余裕がない時代が続いたため、長らく航空機内の座席を刷新することができなかった。02年に大幅にリニューアルして以来、実に11年間にわたって、同じ座席を使い続けていた。この間、世界の航空業界では、シートの快適性を追求する流れが加速し、ビジネスクラスではリクライニングシートを最大で180度倒せ、水平になるフルフラットシートが主流となっていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。