メイ新政権が7月に発足して以降、共同首席補佐官ニック・ティモシー氏への注目度が急速に高まっている。同氏は30代後半という若さながら、首相の最側近の一人とされる。ティモシー氏は、2001年に保守党本部に調査スタッフとして就職。その後、民間団体等での職を経て、06年には再び保守党でメイ議員のスタッフとなった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。