「激震だった前回の社長人事以来の驚きだった」──。売上高で化粧品3番手の座を争う、ポーラ・オルビスホールディングス(HD)。その基幹であるポーラの経営陣の顔触れが今年、大きく変わった。創業家以外から社長になった前任の鈴木弘樹氏が顧問に退き、マーケティング担当の執行役員、横手喜一氏(49歳。写真)を後任に抜てき。同時に、40代の若手3人を執行役員へ昇格させたのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。