ゼネコンの業界団体である日本建設業連合会。中村満義会長(鹿島会長)は2017年4月で2期4年の任期満了を迎え、交代する可能性が濃厚だ。日建連会長ポストは従来、東京を地盤とする大手ゼネコン3社の会長、社長が務めてきた。前任は清水建設で社長、会長を務めた故・野村哲也氏なので、次期会長は順当にいけば、大成建設の山内隆司会長(70歳。写真)が有力だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。