過去1世紀ほどの間に、情報技術が著しく進歩した。これに伴って、かつてはステージやコンサートでしか可能でなかったエンターテインメントの提供・観賞の形態が、大きく変化した。まず映画やレコードが登場し、劇場や音楽会に行かなくともよくなった。さらに、テレビが登場し、家庭の受像機で動画を見られるようになった。しかも、その大部分は無料だ。そして、CDやDVDが登場した。この10年程度の期間では、インターネット配信への転換が急速に進みつつある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。