歌舞伎座に月に1度、通うようになって2年ちょっと。ニナガワ・シェークスピアの「ヴェニスの商人」で市川猿之助を見たのがきっかけになりました。何度か見ているうちに、何人か好きな歌舞伎俳優ができたり、「前に見た!」と演目で内容が浮かぶようになったりして楽しくなってきました。もっとも、今も時々、居眠りしているし(汗)、初心者の域を出てはいませんが。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。