戦前は私立大学について「早慶同」という呼び方があった。同志社大学は早稲田大学、慶應義塾大学と並ぶ日本の代表的な私大だった。もっとも当時は旧制高校や帝国大学が全盛で、私大そのものの地位が高くはなかったが。戦後、早稲田大と慶應大が君臨するようになったのは、人口や経済の東京一極集中が進んだからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。