戦乱の時代がようやく収束に向かっていた江戸時代の初頭、京都の地で、妖艶な舞と寸劇で民衆を魅了した女がいた。異国文化を取り入れたファッションに身を包み、どこか謎めいた女は「お国」という名で、その踊りは「かぶきをどり」と呼ばれた。斬新な魅力を持つ踊りだった故、奇抜なものを意味する「傾(かぶ)き」という呼び名が付けられたのだ。これこそが歌舞伎の語源になったといわれている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。