昨年、行動経済学の旗頭である、シカゴ大学教授のリチャード・セイラー氏が、米国最古のアメリカ経済学会の会長に選出された。行動経済学とは、消費者、家計、企業などの行動を観察し、心理学の知見なども援用して理論化する学問だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。