歌舞伎400年の伝統は、裏方たちの支える力なくしては語れない。ここではそんな裏方の匠の技を紹介する。まずは、歌舞伎の豪華さの象徴ともいえる衣裳だ。舞台映えする美しさを持つ衣裳は全て本物の着物。しかも、日本製の絹を使った着物や、豪華な西陣織の帯など一流品ばかり。中には1着2000万円以上するものまであるという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。