三井住友銀行(SMBC)の頭取人事が最終局面を迎えている。背景には、グループの主導権を銀行から持ち株会社へ移すという決断がある。現トップの國部毅頭取(62歳。写真)は来年4月で就任から6年が経過するため、頭取交代が予想される。従来は実権を握る旧住友銀行出身者から頭取を選出。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。