6月の株式売却はアーム買収が目的ではありません。2014年秋からグローバル経営の下で海外への投資を積極的にやる方針を打ち出していますが、それに基づく第1回の投資回収です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。