タイトルに「仕事術」とあるものの、べたべたな自己啓発本ではなく、むしろ感動的なエッセーと言った方がよいのが『自分を捨てる仕事術』。スタジオジブリの名プロデューサー鈴木敏夫氏の下で学んだ3年。鈴木氏は、「3年間は、自分を捨てて俺の真似だけをしていろ。どうしても真似できなかったところが君の個性だ」と諭します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。