4時間の壁。長距離移動の手段として、航空機か新幹線か、シェアが半々になるのが、新幹線で4時間の距離だとされる。ちょうど広島~東京がそうだ。2000年代前半までは、広島~東京移動のシェアは、航空機が6割を握っていた。それが今では逆転し新幹線が6割になる。一体何が新幹線を有利に導いたのか、この間の出来事を追ってみよう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。