広島駅の南口。ここから広島電鉄が運行する路面電車が繁華街へと向かう。広島市内には地下鉄がなく、“市民の足”として大きな役割を担っている。この路面電車、現在は、大きく迂回するかたちで駅前に着くが、出入り口の信号に引っ掛かり、ピーク時には渋滞になることもしばしば。これを解消するため、駅に真っすぐ乗り入れる新ルートの整備事業が検討されてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。