8月の太陽が照り付ける午後、真っ赤なユニホームを着た家族連れが「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」へ向かって歩いていく。新スタジアムができたのは2009年。親子三世代で楽しんでもらいたいと心掛けています。面白いグッズを考え、観客席を毎年変えるのも、その考えの延長です」そう語るのは広島東洋カープの松田一宏オーナー代行。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。