取材の中で以前から感じていたことだが、こんな本が出ることになったかと思うと、すっきりするやらがっかりするやら、複雑な気分である。『高校野球は親が9割』は、今の高校野球の実態を見事に映した社会学の書ともいえるだろう。著者の田尻賢誉氏は、長年の取材の中で高校野球における環境、とりわけ親が見せる態度の変化に違和感を覚えていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。