「濱尾さんの趣味は、なんですか」簡単には諦めないリンが、無言でワインを飲む飯島に詰め寄った。「趣味かあ。囲碁やったかな。それと、毛針を飛ばして魚を捕る釣りも好きやと聞いてる」「フライフィッシングですか」「それや、それ。確か、日光の湯川によう通ってはるらしい」湯川の名前が出て、ある人物の顔が浮かんだ。リンも同様のようで冷笑を浮かべて鷲津を見ている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。