愛媛県の中学校を卒業して、大阪の靴下問屋にでっち奉公に出るとき、学校の先生が「古典を読め。おまえの頭では分からないだろうけど、100回読めば意味が分かってくる」と。「読書百遍 義 自(おのずか)ら見(あらわ)る」(三国志)という言葉を教えてくれました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。