今年6月の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップShishido Hills」は、プロ9年目の塚田陽亮がツアー初優勝を果たした。その塚田を支えたのが、スリクソン Zシリーズの新型ドライバーだ。この新しいドライバーは、丸みを帯びた安心感のある「Z565」、しっかりとたたけるヘッド形状の「Z765」、ハードヒッター向けの「Z765 リミテッドモデル」の3タイプ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。