プロ野球も9月に入り、シーズン終盤を迎えた。クライマックスシリーズ進出を懸けた順位争いも激しくなってきたが、個人タイトルに目を向ければ、DeNAの筒香嘉智外野手とヤクルトの山田哲人内野手が本塁打王争いを繰り広げている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。