法制審議会では、現在、民法の100年ぶりの抜本改正作業が行われている。対象は契約にかかわる領域だが、日常生活から企業の経済活動に至るまで、社会活動の多くは契約を用いて行われており、その基本ルールが改正されることの影響は大きい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。