特集タイトルがピタッとはまったときの爽快感は格別です。語感が良くて内容にマッチし、読者の目を引きそうなもの──それが三大要素だと思っています。ところが正直言うと今号は最後まで迷いました。夏休み中、ずっと考えていましたが浮かびません。いっそAIに付けてもらえばと、締め切り真っ最中の担当デスクに振ると、「クリエーティブなものは苦手です」と冷たい返事。結局、初期の案で通しました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。