各国の威信を懸けた熱戦が繰り広げられたリオデジャネイロ五輪。期間中、五輪公式パートナーのパナソニックは、リオ市内に特設のショールームを設けていた。200インチ超の大画面で競技の映像を流したり、プロジェクターなどの製品を展示したりする中で、来場者が展示ボックスに設置された小さな照明にスマートフォンのカメラを向ける不思議な光景が広がるコーナーがあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。