日本銀行が7月29日に決定した追加緩和は、金融政策の性格を判断する上で重要な意味を持つものだった。第1は、金融政策の目的だ。今回の追加措置の内容は、ETF(上場投資信託)の購入額増加というものだった。しかし、日銀がETFを買えば日本経済が良くなると思う人はいない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。