エフライム・ハレヴィ著『イスラエル秘密外交』は、元モサド(イスラエル諜報特務局)長官による歴史的価値のある回想録だ。ハレヴィ氏は、歴代モサド長官の中でも「最も頭が良い男」として有名だ。シリアのバッシャール・アサド大統領の父、ハーフェズ・アサド前大統領の国家戦略について、ハレヴィ氏は〈シリアはモスクワとの関係を維持し、さらにイランとのつながりを深めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。