プライベートジェットを駐機していたので、予定通りに屋久島を飛び立った。それから二時間余りでリアジェット75は、大阪の伊丹空港に到着した。手配しておいたハイヤーの運転手が到着口で鷲津とリンを出迎え、そのまま京都に向かう。飯島には、昨夜のうちに電話連絡をしていた。「俺はもう隠居の身や。仕事の話は聞かへんぞ」と釘を刺されたが、鷲津は「良い絵が手に入ったんですよ」と、飯島が最近凝っている浮世絵にかこつけた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。