一見、無縁なようにも思える農業で、AI技術が浸透し始めている。ミカン産地である静岡県のJAみっかび組合長の後藤善一氏は、「ミカン農家の利益を年間1000万円以上にしたい。そのために単純作業はロボットに任せ、人がクリエーティブな仕事に集中できるようにする」と言う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。